こんしゅうのFUTURESCAPE


今週のチェック&マークは「サンキュ!」ゲストは、馬場昭治さん、山本起也さん
O.A. 2021 年 05 月 01 日  

9時台のゲストは、天草市長・馬場昭治さん
O.A. 2021 年 05 月 01 日  
薫堂さんが天草市役所からお届けしました天草スペシャル。
9時台は天草市長の馬場昭治さんをリモートでお迎えしました!

馬場さん以前は天草のコミュニティーFM・みつばちラジオの社長さんでした!
薫堂さんも新任となった馬場さんに「非常識性を持った良識ある市長になってほしい」と期待大です!
最近、天草に転勤になったというくまもん支店長から熊本の美味しいものは?というメールも頂きました。
まるきんのたい焼き、甘くて美味しいうに天草酒造のお酒、直営のカフェなどなど、おいしい食べ物たくさんあるそうです!
そして、薫堂さんもプロデューサーとして制作に関わった映画「のさりの島」。
のさりという言葉は、天からの授かりものという意味の漁師言葉。
いいことも悪いことも天からの授かりものとして受け入れて自分の糧にして未来に繋げていく、天草の寛容さがあらわした素敵な言葉です。こんなときだから心に留めて大切にしていきたいですね!

【LANDMARKTOWER presents KALEIDOSCAPE】 ゲストには、天草から映画「のさりの島」の監督・山本起也さん
O.A. 2021 年 05 月 01 日  
【LANDMARKTOWER presents KALEIDOSCAPE】
ゲストには、天草から映画「のさりの島」の監督・山本起也さんをリモートでお迎えしました!
「のさりの島」、おれおれ詐欺をしていた少年が天草のおばあちゃんに孫に間違われ、騙そうとしたところが共同生活を始める“やさしい嘘”を描いた心温まる作品。

薫堂さんは京都芸術大学の学科長を努めていた山本さんと教職員の忘年会で出会って、一緒に制作することになったそう!
舞台となった天草は、薫堂さんの故郷。たい焼きのまるきんのイベントで天草の市民の方との出会いが天草で撮影するきっかけになったそうです。映画には地元の方もたくさん出演されていています!
地元の方や薫堂さんのお母さんから野菜や料理の差し入れがあったり、天草の学生と交流があったりと撮影の裏側もお話していただきました。

映画の原題は「ばあちゃんおれおれ」だったそうで、「のさり」という言葉は薫堂さんが提案して採用したとのこと。
いいことも悪いことも「のさっとるね」と受け入れる姿勢にコロナ渦で公開が延期になったことも言葉の意味を再確認する機会になったそう!

そんな天草の魅力が詰まった映画「のさりの島」。
東京ではユーロスペースで2021年5月29日(土)~、神奈川では横浜シネマ・ジャック&ベティで2021年7月10日(土)~から公開になります。詳しくは公式HPを御覧ください!
ぜひ皆さん足を運んでみてください!


*山本さんのリクエスト曲…「のさりの島メインテーマ/谷川賢作・小倉綾乃・藤本一馬」

*山本さんが未来に残したいもの…「のさりの島」を全国に届ける。
コロナでも「のさり」の精神で!

HP 映画「のさりの島」公式HP

あたらしい りすと ふるい
COPYRIGHT (C) 2014 YOKOHAMA F.M.BROADCASTING CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.